看護師 転職

転職先別の看護師の働き方

転職と看護師の療養型病院

 超高齢化に伴って、日本全国に療養型病院の建設ラッシュが続いています。療養型病院は緊急性の高い疾患以外の比較的軽度な疾患を抱えた人が療養生活を送る場所として重宝されており、患者は高齢社会の進展とともに65歳以上の人が目立つようになっています。このような療養型病院には医師をはじめ看護師やそのほかのコメディカルのスタッフが勤務しており、多くの現場では慢性的な人手不足の状況が続いています。


 そこで、全国の医療機関ではインターネット上の転職支援サイトなどに求人を掲載することによって転職活動中の看護師などのスタッフに関心を持ってもらおうとする取り組みが行われています。インターネットを活用して転職活動に励む医療関係のスタッフはここ数年で急増しており、特に看護師に関しては専門の求人が閲覧できる転職支援サイトが登場しています。看護師にとっては転職支援サイトを利用することで活動を有意義に進めることができるといわれています。

看護師の転職と精神病院

 看護師の転職先についての話題がテレビのニュースやインターネットサイトなどで取り上げられています。人気の転職先のトレンドとしてはスキルアップが果たせる大学病院や夜勤がないクリニックなどが挙げられますが、最近では精神病院に勤務を希望している人が増加しています。精神病院には患者に配慮するために多数の医療スタッフが勤務していますが、中でも患者と直接接する機会の多い看護師の仕事に関心が集まっています。

 

 精神病院は社会生活を送ることが困難な精神疾患の患者が多く入院しているために、細心の配慮をもって患者に対応することが求められています。また、時には患者が暴れてしまったり、病棟から逃げ出してしまうこともあるために、十分な体力と精神力が必要とされます。しかし、精神病院の看護師の経験をしておくことによって、転職先でもしっかりと経験を評価してもらうことができ、看護師としてのキャリアアップも図ることができます。

看護師がクリニックへの転職を考えるなら

 看護師という資格を持っている方は、様々な所で働くことが出来ます。その沢山ある選択肢の一つとして、クリニックという場所があります。これは所謂「町医者」「個人病院」のことで、規模の小さな病院です。大規模な大学病院や総合病院で、毎日目まぐるしく働くことに疲れてしまった看護師さんが転職先として候補に挙げる所です。この「クリニック」で働くことには、メリットとデメリットがあります。


 まずはメリットですが、1つ目は身体的負担が大幅に少なくなることです。2つ目は、緊急対応も少なくなることです。3つ目は日勤のみの勤務なので生活リズムが整うことです。4つ目は確実に休みが取れることです。そして5つ目としては、残業がほぼないことが挙げられます。このように書いてみると、大きな病院であくせく働くよりもずっと好条件のように思われるかもしれませんが、勿論デメリットもあります。


 それは、良くも悪くも単調な毎日の繰り返しなので、看護師としての経験を活かすことが出来ない点や、スキルアップ出来ないこと、また、規模が小さいが故に、医師の指示に従って動くだけで、自分の判断や意見などは求められないというやりがいのなさが挙げられます。勿論、このようなメリットやデメリットは全てのクリニックに当てはまるものではなく、あくまでも一般論ですから、本当にクリニックに転職をしたいとお考えの方は、転職支援サイトに登録して、プロのアドバイザーから助言を得たり、転職先候補の職場環境などをよく調べてもらうと良いでしょう。

美容外科で勤務する看護師の業務内容

美容外科で勤務する看護師の場合、通常の一般病院などで勤務するのと比べ、大きな違いがあります。美容外科となると、どちらかと言えば自由診療で行う治療が非常に多い科である為、サービス業のような対応をして欲しいと望む患者さんもいらっしゃるようなので、そういった対応を心がける必要もあります。

業務内容としては、電話での患者の相談受付、予約や、来院につなげる事等となってくるので、売上に貢献をする方向へ向く仕事なども大切な仕事です。ちなみに美容外科では、基本的に夜勤なしの勤務体制があったり、比較的収入が多い事等がメリットとして挙げられます。その反面、看護師としてだけでなく、美容全般の知識が必要となったり、美の希望を叶える事ができるようにフォローをしていく事が大事です。エステのような感覚で来院する患者さんもいますので、そのような患者さんと対面し、しっかりと悩みを改善してあげる事などが業務になるので、美容のプロとして働くという気持ちも大切です。

看護師として美容関係の仕事に就きたい場合は、主に美容クリニックで働くことがほとんどです。健康な人を相手にするというのは予想以上、勝手が違うものなので、病棟から美容クリニックに転職を考えている方は事前に仕事内容をよく調べて、何を求めて美容の道へ進むのかを明確にしておきましょう。ムダな転職は自分の心がけ次第で防げます。